2010年01月22日

日系ブラジル人を起訴猶予=ひき逃げ、代理処罰で有罪−静岡地検(時事通信)

 浜松市で1999年、女子高生落合真弓さん=当時(16)=がひき逃げされ死亡した事故で、静岡地検は18日、業務上過失致死と道交法違反の疑いで書類送検された日系ブラジル人ヒガキ・ミルトン・ノボル元被告(34)を起訴猶予処分とした。同元被告はブラジルに帰国後、日本政府の代理処罰(国外犯処罰)要請を受けた裁判で有罪が確定しており、今回の処分で国内での捜査も終結した。
 同地検は処分理由を「ブラジルで処罰されていることや、その他のいろいろな事情を総合考慮した」と説明した。
 ヒガキ元被告は、ブラジルで禁固4年の判決を受け、昨年9月に確定。同国の法規定に基づき、社会奉仕活動と罰金支払いで収監に代替することが決まった。これを受けて静岡県警が昨年12月、書類送検していた。 

【関連ニュース】
「隠滅と逃亡の恐れある」=ひき逃げで米兵の拘置理由開示
被害者参加、二審は実刑=死亡ひき逃げの男
「覚せい剤打っていた」と逃走=女性死亡、ひき逃げ容疑で男逮捕
はねた女性ボンネットに7キロ走行=ひき逃げ容疑で専門学校生逮捕
米兵、ひき逃げ容疑で逮捕=男性死亡、救護義務怠る

<診療報酬不正受給>山本病院理事長に懲役2年6月の判決(毎日新聞)
<核燃再処理工場>稼働凍結求める10万人署名 首相に提出(毎日新聞)
民主対策チーム「行政への圧力」=大島氏(時事通信)
「説明で納得」「何考えてる」=小沢氏対決姿勢に民主党員ら(時事通信)
【揺らぐ沖縄】名護市長選告示 普天間移設反対・容認一騎打ち 市民は冷めている(産経新聞)
posted by cumbsd6vlb at 01:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。