2010年01月26日

法的責任なら小沢氏進退も=民主・輿石氏「その時点で対応」(時事通信)

 民主党の輿石東参院議員会長は23日午後、小沢一郎幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が小沢氏から事情聴取したことに関し、「幹事長が何か本当に法的に罪を受けることになるとすれば、その時点で対応を考えていけばいい」と述べ、仮に小沢氏が刑事責任を問われる事態となった場合は、進退問題が浮上する可能性に言及した。長野県諏訪市内で記者団の質問に答えた。
 ただ、輿石氏は、記者団が「捜査の進展によっては幹事長交代も考えるのか」とただしたのに対し、「なぜ辞めなきゃならんのか」とも強調。「わたしは幹事長を信じている。真相(究明)への第一歩になるだろう」と述べ、「潔白」が証明されることに期待を示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

東京地検、小沢氏を任意聴取(読売新聞)
神社撤去 最高裁、過去の基準は「目的効果」(産経新聞)
「将来に不安…」妻と長男殺害の67歳逮捕(読売新聞)
日教組 きょうから教研集会 消えた「対決姿勢」 地方組織と温度差(産経新聞)
鳥取不審死 殺人容疑 逮捕状請求へ 36歳女、週内にも(産経新聞)
posted by cumbsd6vlb at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。